現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

不倫慰謝料|離婚・男女問題

京都の弁護士がまとめた「不倫慰謝料」のQ&Aです。離婚・男女問題の無料相談についても案内中です。

Q 夫が不倫しているのが分かりました。慰謝料を請求できますか?

夫、不倫相手の女性の片方、または両方に対して、慰謝料を請求できます。

一般に不倫、浮気などと言われますが、法律上は不貞行為と言われます。不貞行為は、民法上は共同不法行為になりますので、夫と不倫相手の女性とは、ともに不法行為責任を負うのです。

両方に請求できるといっても、二重にとれる訳ではなく、全体として請求できる額は同じです。また、夫については請求せず、不倫相手の女性に対してのみ請求した場合でも、不倫相手の女性から夫に対して求償が可能です。

Q 夫の不倫相手の女性に対して、慰謝料を請求したいです。

不倫相手の女性に対して慰謝料を請求することは可能です。

慰謝料請求の鍵となるのは、証拠です。夫と女性との関係がどんなに怪しくても、証拠が全くない場合、慰謝料請求は難しくなります。

メールやラインの履歴、写真などによって、二人の間に肉体関係があることが分かれば、証拠として価値があります。つきあっている期間や、会った回数なども重要になってきます。集められる証拠は全て残しておきましょう。

慰謝料を請求する場合、書面で請求を始め交渉をまとめる方法と、民事裁判を利用する方法があります。いずれの方法も、当事者間では感情的になりますし、精神的な負担も大きいと思われます。弁護士に依頼すれば、交渉や裁判を任せることができます。

時効(3年)もありますので、慰謝料請求で迷っている方は、まずは弁護士に相談してみるのがよいのではないでしょうか。

Q 別居後に女性とつきあいました。妻に慰謝料を支払う必要はありますか?

不貞慰謝料を支払わなくてもよい場合がありますので、注意が必要です。

婚姻関係が破綻した後に、夫婦の一方が異性とつきあった場合には、原則として、不法行為の責任を負いません。つまり、慰謝料を支払う必要はありません。

婚姻関係が破綻しているかどうかは、ケースバイケースの判断ですが、別居後においては、婚姻関係が破綻していると判断されることが多いと思います。

Q 不貞慰謝料の相場があれば教えて下さい。

不貞慰謝料の相場はあってないようなものです。

裁判になった場合、100~300万円の解決が多いとされていますが、「交渉で解決したい。裁判は避けたい。」という強い意向があれば、慰謝料が高くなることもあります。

また、不貞行為により離婚に至ったかどうか、不貞行為の期間なども、慰謝料額を左右します。

Q 慰謝料を支払ってもらう場合、書面を作成した方がよいですか?

慰謝料を支払ってもらう場合、必ず書面を作成するべきです。

もし慰謝料の支払いがない場合、口約束では証拠がありませんので、必ず書面を作成しましょう。書面のタイトルは和解書でも、合意書でもかまいませんが、慰謝料の支払義務、支払いの期限、振込方法などを取り決めて、書面にします。

また、不貞行為についての謝罪文言を入れてもらうこともありますし、今後お互いに請求をしないという内容(清算条項)を入れるのが通常です。

Q 不貞慰謝料を請求されました。どのように対応すればよいでしょうか?

不貞行為について身に覚えがあれば、慰謝料を支払って解決することになります。

不貞慰謝料の請求は、内容証明郵便が自宅へ郵送されることが多いです。既婚の方は配偶者に不貞行為が明らかになるおそれがあります。

したがって、通知が届いたら、すぐに弁護士に相談のうえ依頼し、交渉窓口を弁護士にすることが重要です。弁護士を付ければ、その後、自宅に通知が届くことはありません。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます