借金

借金の法律問題について京都の弁護士が解説しています。借金の返済、時効、返せない場合、一本化について、弁護士の無料相談を受けることができます。

Q 毎日、サラ金業者による取り立てが厳しく、精神的に辛い状況です。なんとかしてください。

クレジットカードのキャッシュ機能や、サラ金業者のATMなどを利用して、簡単にお金が借りられる時代になり、いわゆる多重債務問題が社会問題になりました。

多重債務者に特徴的なのが、自分でも気付かないうちに借金の金額が増え、返済できない状況になっている中で、借金を返済するためにさらに借金を重ねるというものです。

多重債務を抱える人は、「自分が借りたお金だから、しっかり返さないと」と真面目に自力で返済し続ける人が少なくありません。

業者からの厳しい取立てで精神的に参ってしまい、会社を転職したり、家族から見放されて離婚したり、犯罪に走ったり、最悪の場合には自殺したりという人がいます。

こんな状況にならないうちに、早めに弁護士に相談しましょう。弁護士に依頼すれば、業者の厳しい取立てを止めることができます。

弁護士は、その上で、借入額や収入と支出の状況を検討した上で、どのような債務整理の方法がふさわしいか検討し、返済可能であれば、業者に対し返済計画を示します。

任意での返済が難しければ、民事再生自己破産の手続を行い、法律上の手続で借金を整理します。手続がスムーズに進めば、あなたは経済的に自立することができ、借金のなかった頃の生活を取り戻せるのです。

借金でお悩みの際は、ぜひ弁護士までご相談ください。

自力で返済しようとする場合 業者からの取立てを苦にして、転職、離婚、自殺、犯罪などの状況に陥ってしまう。
弁護士に債務整理を依頼する場合 ●業者による取り立てをやめさせる
●返済が可能であれば、返済計画をもとに業者と交渉する。
●返済が不可能であれば、破産や民事再生の手続をとる。
●最終的には経済的に自立できるようになる。

Q 借金を解決する手続きには、どのようなものがありますか?

借金を解決する手続として、大きく分けて、任意整理、民事再生、自己破産の3つがあります。

任意整理とは、業者との間で弁護士が交渉する方法です。受任通知を送付してからの金利や損害金の支払いが免除される場合が多く、利息制限法上の上限金利に引き直して計算すると、借金の総額が減らせる場合が多いです。

民事再生とは、裁判所の手続の中で、住宅ローンを除く借金の額を大幅に減額(5分の1から10分の1)した上で、3年間で分割弁済していくものです。自己破産と違い、マイホームを手放さずに済む点がメリットです。

自己破産とは、裁判所の手続であり、原則として借金の返済が不要になる制度です。自分の財産を手放すことになりますが、これまでの借金を帳消しにした上で、今後の収入を生活費などに充てていくことができます。

弁護士にご相談いただければ、個別の状況や、希望に応じて、これらの債務整理の手続のうち、最も適切な方法を選んで、依頼者様を経済的に更生し、今後安心して生活していける方向に導きます。

【債務整理の方法】
任意整理 ●開始以後の金利がなくなる。
●一部の借金を選択して整理できる。
民事再生 ●借金が大幅に減額できる。
●マイホームを手放さずに済む。
自己破産 ●借金の返済が不要になる。
●財産は処分される。

Q 過払い金とは何のことですか?

過払い金とは、貸金業者に利息制限法上の上限金利を超えた利息を長期間払い続けた結果、借金の元本の返済が済んで以降も、払いすぎたお金のことです。

目安としては、5年以上の返済期間があり、18パーセント以上の金利が設定されている場合には、過払い金が発生していることが多いです。

もちろんこれ以下の期間や金利でも、過払い金の発生している可能性がありますので、一度ご自身の債務の状況を弁護士に相談してみましょう。

うまくいけば、今後の支払いを止められるだけではなく、お金を取り戻せる可能性があります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます