債務不履行|消費者問題

会員になったのに予約がとれない「債務不履行」に関するQ&Aを京都の弁護士がまとめました。消費者問題の無料相談についても案内中です。

Q 予約がとれないので英会話教室をやめたいのですが、どうすればいいですか?

英会話教室との契約について、中途解約や取消しができます。

「好きな時にレッスンが受けられる」と勧誘し、英会話教室に申し込ませたものの、全く予約がとれないような場合、業者には債務不履行があります。エステでも同様です。このような場合に、契約をやめ返金を求めたいと思うのは当然です。

入学金や受講料などが5万円を超え、2カ月間より長い期間レッスンを受けるタイプの語学教室は、特定商取引法で継続的役務取引として定められています。そこで、特定商取引法で定められた
中途解約ができます
。5万円を超え、1カ月間より長いものであれば、同様に、エステも中途解約が可能です。

既にレッスンやエステを何回か受けている場合であっても、業者が請求できる額の上限が制限されていますので、高額な違約金をとられることなく、支払ってしまったお金が戻ってきます。

また、「好きな時にレッスンが受けられる」と言われ、英会話教室にレッスン料を支払ったものの、全く予約がとれないような場合など、事実と異なることを言われて契約した際には、取消しもできます

この場合、クレジット契約で支払いをしている際には、クレジット契約も取消しが可能です。そこで、既払金の返還請求ができます。

いずれの場合も、交渉でまとまればスピーディーな解決が可能となります。弁護士を依頼すれば、交渉を任せることができます。交渉がまとまらない場合には、裁判ができます。

Q 予約がとれないので、リゾートクラブ会員権の会費を返してほしいのですが?

契約を解除し、業者からお金を取り戻すことができます。

適正な会員数をはるかに超えているために、施設の利用が害されているような場合には、業者には債務不履行があります。そこで、契約を解除し、支払ってしまったお金の取り戻しが可能です。

「中途解約できない」「受領した金銭は一切返さない」などの特約があったとしても、消費者契約法で無効の主張が可能です。また、施設が利用できないため会費を支払っていない場合でも、会費の支払いをしなくてよい場合があります。

なお、スポーツクラブ会員権やゴルフ会員権なども同様の問題が生じます。弁護士に依頼すれば、お金を取り戻すことができたり、未払い会費の支払いを免れることができますので、相談してみましょう。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます