現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

弁護のメリット|離婚男女問題

離婚・男女問題で「弁護士をつけるメリット」について京都の弁護士がご説明します。離婚・男女問題の無料相談についても案内中です。

Q 協議離婚において、弁護士を依頼するメリットはなんですか?

当事者同士で可能な協議離婚でも、弁護士を依頼するメリットはあります。

協議離婚は、他の手続きと比べて簡単かつスピーディーですが、離婚の際に取り決めておいた方がよい事項はあります。養育費、面会交流、財産分与、年金分割、慰謝料などです。弁護士に依頼すれば、それらの交渉を任せることができます。

なお、未成年の子がいる場合、親権者を決めなくては離婚できません。いったん親権者を決めると変更は極めて難しいので、安易に決めてしまわないよう注意が必要です。

取り決めた内容については、離婚協議書を作成しておく必要があります。後々争いが生じた場合に、口約束ではなんの証拠にもならないからです。

そして、離婚協議書は公正証書にしておくのが最も安全です。公正証書とは、公証人が法律に従って作成する公文書で、高い証明力があります。さらに、養育費の支払いがなされない場合など、公正証書を作成してあれば、養育費の確実な回収が確保できます。

離婚協議書を作成し公正証書にすることは大変重要なだけに、作成にも法的知識や手間が必要です。弁護士に依頼すれば、作成を弁護士に任せることが可能です。

Q 離婚調停において、弁護士を依頼するメリットはなんですか?

離婚調停においても、弁護士を依頼するメリットは大きいといえます。

一般に離婚調停といいますが、正式には「夫婦関係調整調停(離婚)」です。調停申立てには申立書が必要ですが、弁護士に依頼すれば、申立書作成を任せることができます。

弁護士を依頼していても、基本的には当事者本人も調停に参加します。弁護士は、書面の作成や証拠の提出の他、期日で当事者の主張を補足しサポートします。

特に、当事者双方が親権をとりたいと争っている場合には、弁護士のサポートを得れば親権をとれる可能性が高まります。また、調停がまとまらなかった場合、すぐに裁判に備えることも可能となります。

当事者同士の話合いがまとまれば調停調書が作成されます。調停調書作成後に不服を述べることはできませんので、作成前に内容をよく確認する必要があります。弁護士を依頼すれば、調停調書の内容の確認にあたっても心強いです。

Q 離婚裁判において、弁護士を依頼するメリットはなんですか?

法的な専門知識や技術が要求される裁判では、弁護士を依頼するメリットが大きいです。

裁判を提起する書面を、「訴状」といいます。訴状作成には、専門的な知識が必要です。弁護士に依頼すれば、訴状の作成を任せることができます。また、弁護士を依頼している場合、当事者は期日に参加する必要はありません。

裁判は、当事者双方が「準備書面」により言い分を主張しあって進行します。また、適宜、証拠の提出が必要となりますし、必要に応じて本人尋問、証人尋問も行われます。法律の専門知識や技術が必要ですので、弁護士に依頼するのが安心です。

Q 不貞慰謝料請求において、弁護士を依頼するメリットはなんですか?

不貞慰謝料請求をする場合にも、された場合にも、弁護士を依頼することにはメリットがあります。

不貞慰謝料を請求する場合、書面で請求を始め交渉をまとめる方法と、民事裁判を利用する方法があります。いずれの方法も、当事者間では感情的になりやすいですし、精神的な負担も大きいと思われます。弁護士に依頼すれば、交渉や裁判を任せ、スピーディーな解決が可能です。

また、不貞慰謝料の請求は、自宅へ内容証明郵便で通知書が郵送されることが多いです。既婚の方は配偶者に不貞行為が明らかになるおそれがあります。

したがって、そのような通知が届いたら、すぐに弁護士に相談のうえ依頼し、交渉窓口を弁護士にすることが重要です。弁護士を付ければ、その後、自宅に通知が届くことはありません。

さらに、経験のある弁護士が慰謝料の交渉をすることにより、妥当な金額で早期に解決することが可能です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます