慰謝料の計算|慰謝料

慰謝料の計算の法律問題について京都の弁護士が解説しています。慰謝料とその計算方法について、弁護士の無料相談を受けることができます。

Q 傷害を負った場合の慰謝料の計算方法は?

慰謝料の計算方法ですが、病院への入院、又は、通院する期間をもとにして計算します。つまり、基本的には、交通事故で傷害を負う場合の計算と同じです。

確かに、加害者の行為が、故意か過失かは異なります。しかし、怪我の程度は、故意か過失かによっては変わりません。怪我の程度は、治療期間が参考になります。それは、交通事故でも傷害事件でも同じです。そこで、傷害事件の場合も、慰謝料の計算方法は交通事故と同じになります。

もっとも、故意という点があるため、やや慰謝料が高めになるという事情はあります。

Q その他の慰謝料の計算方法は?

その他の慰謝料の計算方法は、様々です。その他の慰謝料事件としては、強姦事件、民事の離婚事件、後遺症事件など様々です。

基本的には、民事裁判例で認められるような金額を参考にします。たとえば、離婚事件では、多くの裁判例の積み重ねがあります。その裁判例で重視されている事情をもとにして、慰謝料を計算します。婚姻期間の長さ、資産状況、相手の置かれた経済状況、離婚責任の程度、その他の事情を参考にして、類似裁判例から慰謝料を算定します。

Q 弁護士をつけるメリットは?

弁護士をつけるメリットですが、①慰謝料の算定、②交渉、③裁判という点でメリットがあります。

適切な慰謝料を獲得するためには、民事裁判例に照らして、どの程度の金額になるかを検討する必要があります。弁護士であれば、民事裁判例の検討に精通しています。そのため、慰謝料の目安を立てることができます。

また、慰謝料の目安を立てても、獲得するためには、相手と交渉していかなければなりません。弁護士であれば、慰謝料の根拠を説明し、相手を説得していくことができます。また、弁護士が付けば、円滑に民事裁判へ移行できます。そのため、相手としても、無理・難題を言うことをあきらめる場合が多くでてきます。

相手との交渉が上手くいかない場合、民事裁判の手続をとる必要があります。弁護士であれば、円滑に民事裁判へ移行できます。

また、民事裁判で役に立つ証拠の収集についてアドバイス、あるいは、収集への協力ができます。また、法的な構成を踏まえたうえで、有利な法的主張をしていくことができます。

【弁護のメリット】
弁護のメリット メリットの内容
慰謝料の目安 事案と民事裁判例の検討によって、弁護士が慰謝料の目安を立てます。
相手への説得 弁護士が相手と直接交渉し、相手を説得して合意につながることが多くあります。
円滑な民事裁判 弁護士は、民事裁判の手続に精通しています。また、弁護士は、できる限り有利な証拠の提出、法的主張に尽力します。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます