自賠責保険|交通事故

京都の弁護士がまとめた「自賠責保険」のQ&Aです。交通事故の無料相談についても案内中です。

Q 自賠責保険とは何ですか?

自賠責保険とは、交通事故の被害者救済を目的に、基本的な対人賠償を、確保するための強制加入保険になります。

自賠責保険は、強制加入保険であり、加入しなければ罰則があります。そのため、ほぼ全てのドライバーが加入しています。

自賠責保険は、基本的な対人賠償を確保するということから、対人賠償、つまり、人身事故での賠償しか保険がおりません。車の修理代等が、自賠責保険から降りることはありません。

また、基本的な賠償を確保するということは、「基本的」な賠償しか保険でおりないということです。民事裁判で認められるような適正金額が全ておりる訳ではなく、その一部しかおりないということです。

Q 自賠責保険による給付には、慰謝料などは含まれますか?

自賠責保険による給付には、慰謝料は含まれます。また、次のような対人賠償が含まれます。

まず、①傷害による損害では、積極損害(治療関係費、文書料その他の費用)、休業損害、入院・通院の慰謝料となります。

また、②後遺障害による損害では、逸失利益、後遺症の慰謝料が対象となります。

最後に、③死亡による損害では、葬儀費、逸失利益、死亡本人の慰謝料、遺族の慰謝料が対象となります。

Q 自賠責保険の給付の限度額は?

自賠責保険は、基本的な対人賠償の確保が目的になります。したがって、基本的な金額しか保険金がおりず、限度額があります。なお、自賠責保険は、項目を分けて、それぞれについて限度額を設定しています。

まず、①傷害による損害の項目ですが、積極損害(治療関係費、文書料その他の費用)、休業損害、入院・通院の慰謝料については、全て含んで、限度額は120万円になります(被害者一人あたり)。

次に、②後遺障害による損害の項目ですが、逸失利益、後遺症の慰謝料について、全て含んで、限度額は次のようになります。

後遺障害の等級 限度額(万円)
1級 4000
2級 3000
3級 2219
4級 1889
5級 1574
6級 1296
7級 1051
※1級、2級については、常時介護及び随時介護が必要でない場合は、それぞれ、1級:3000万円、2級:2590万円となります。

後遺障害の等級 限度額(万円)
8級 819
9級 616
10級 616
11級 331
12級 224
13級 139
14級 75

最後に、③死亡による損害の項目ですが、葬儀費、逸失利益、死亡本人の慰謝料、遺族の慰謝料については、全て含んで、限度額は3000万円となります(なお、死亡に至るまでの傷害分が別途120万円となります)。

なお、自賠責保険は、慰謝料算定、逸失利益等の算定基準自体も、低くなっています。
たとえば、自賠責保険限度額以上の損害を被ったのに、自賠責保険の基準で算定すると、自賠責保険の限度額さえ達しない金額になることもあります。

Q 自賠責保険の限度額を超える損害は、どうすれば?

自賠責保険の限度額を超える損害ですが、加害者が任意保険に別途加入している場合には、その任意保険から支払われます。

他方、加害者が任意保険に加入していない場合には、加害者から支払われます。ただし、加害者に支払能力がない場合には支払いを得ることができません。
また、加害者に支払能力があっても、任意で支払わない場合には強制執行を行う必要がありますが、強制執行に苦労することもあります。

加害者から支払いを受けられない場合に備え、まずは自賠責保険に請求することをお勧めします。
また、被害者加入の保険で、無保険車傷害保険などがあれば、保険金が下りることがあります。まずは、ご自身、又は、ご家族加入の保険の内容をしっかりとご確認ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!交通事故を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで交通事故の無料相談を受ける