被害届の提出|犯罪被害者

「被害届の提出」に関するQ&Aを京都の弁護士がまとめました。犯罪被害の無料相談についても案内中です。

Q 被害届とは?

被害届とは、「犯罪によって被害にあったこと」を警察に申し出ることです。

犯人が不明でも届出ができます。警察は、被害届の提出によって犯罪を知り、捜査を開始します。

Q 被害届と告訴とは違いがありますか?

被害届と告訴とは、捜査のきっかけになる点では共通していますが、違いもあります。

被害届と異なり、告訴の場合には、「犯人を処罰してほしい」という意思表示を含みます。そこで、告訴を受けた捜査機関には、捜査義務が生じます。それに対して、被害届の場合には、捜査義務は生じません。

また、被害届は、被害者以外の人も届出ができるのに対し、告訴の場合には、被害者やその法定代理人などに限られます。

Q 被害届の出し方を教えて下さい。

警察に被害届の用紙がありますので、犯罪の内容を整理して警察に行けば、被害届を作成することができます。

このように、被害届は、ご自身で犯罪の被害を申告することができるスピーディーかつ簡単な方法です。

但し、犯罪が成立するかどうか判断に迷うような場合もあると思います。そのような時には、弁護士に相談してみましょう。

また、本来は被害届の不受理は許されませんが、実際には、受理してもらえない場合もあります。そこで、ご自身で被害届を提出しようと警察に行ったが、警察が被害届を受理してくれない場合、弁護士に依頼すれば、被害届が受理されるようサポートを受けることができます。

Q 被害届を提出したのに、警察が捜査してくれません。

告訴を検討することが可能です。

被害届の場合、告訴と異なり、捜査を行うかどうかは警察の裁量となっています。したがって、被害届を提出しても、残念ながら警察が捜査しないことがあります。

犯人を処罰してほしい気持ちが強い場合には、被害届ではなく告訴を検討してみるのがよいと思います。告訴を受けた捜査機関には、捜査義務が生じるからです。

Q 被害届を提出したのに、警察が犯人を逮捕してくれません。

犯人は逮捕されないこともあります。

被害届が提出されたとしても、必ずしも逮捕されるわけではありません。逃亡するおそれ、証拠隠滅のおそれなどがない場合には、逮捕の要件を欠くため、被害届の有無にかかわらず逮捕されないのです。

但し、逮捕されず在宅でも、捜査はされますし、検察官の判断により、起訴され裁判になることもあります。

Q 被害届を提出してあったところ、犯人から示談の申入れがありました。

犯人と示談のうえ示談金を受け取ることが、よい解決方法の場合もあります。

示談すると、示談金を受け取ることができ、一定程度被害回復ができますし、早期に問題解決が可能です。反面、示談すると、犯人の処罰は軽くなります。

但し、犯人の処罰を望み示談を拒否したからといって、犯人が初犯であったり比較的軽微な事件であれば、処罰されない可能性もあります。基本的には、示談は検討した方がよいでしょう。

犯人から示談の申入れがあった場合には、示談するべきかどうか、示談するとして示談金はどのくらいが適切かなど、検討する必要があります。また、「犯人を許す」「処罰を望まない」などの内容での示談まで応じるべきかも、悩むところです。

いったん示談すると、後から覆すことは困難です。また、犯人には弁護士がついていることが多く、弁護士と交渉するのが心配な方もいるでしょう。示談について迷っている場合には、弁護士を依頼すれば、適切な内容で示談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます