離婚と氏|離婚・男女問題

京都の弁護士がまとめた「離婚と氏」のQ&Aです。離婚・男女問題の無料相談についても案内中です。

Q 離婚すると姓(名字)はどうなりますか?

離婚すると旧姓に戻るのが原則ですが、今までの姓を使うこともできます。

今までの姓を使うには、離婚後3カ月以内に市町村役場に届出をします。期間を過ぎてしまった場合には、家庭裁判所の許可を得る必要が出てきますので、今までの姓を使用したい場合には、3カ月以内の届出を忘れないようにしましょう。

Q 離婚すると戸籍はどうなりますか?

離婚すると、夫婦の戸籍から除籍されます。

結婚により夫の名字を名乗っている場合が多いと思います。その場合、離婚によって妻は夫婦の戸籍から除籍されます。

戸籍と姓に関し、離婚後、3通りの方法があります。①離婚前の戸籍と姓に戻る、②婚姻前の姓に戻り、自分を筆頭者として戸籍を新しく作る、③離婚後も婚姻中の姓とし、自分を筆頭者として戸籍を新しく作る、です。

Q 離婚後、子どもの姓や戸籍はどうなりますか?

離婚しても、子どもの戸籍や姓は離婚前のままです。

例えば、離婚により母親が子どもの親権者と決まっても、子供の戸籍と姓は離婚前のまま変わりません。

子どもが親と姓が異なる場合、子どもは親の戸籍に入ることはできません。すなわち、親権者である母親が旧姓に戻っている場合、子どもは母親の戸籍に入れません。そうすると、不便な場合があります。そこで、子どもの戸籍と姓の変更が可能です。

まず、親権者である母親は、自分を筆頭者として戸籍を新しく作ります。そのうえで、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申立て」をします。通常、変更が認められ許可審判書がだされますので、入籍届と一緒に市町村役場に提出します。それによって母親と子どもは同一の戸籍・姓になります。

子どもが15歳未満なら親権者が手続きを行います。子どもが15歳以上の場合は、子ども本人が手続きを行います。

離婚について弁護士に依頼していれば、離婚後の姓や戸籍の手続きについてもスムーズです。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます