離婚慰謝料|慰謝料

離婚の慰謝料に関する法律問題について京都の弁護士が解説しています。離婚の慰謝料について、弁護士の無料相談を受けることができます。

Q 離婚慰謝料とは何ですか?

離婚慰謝料は、離婚することによって受ける精神的苦痛を金銭評価したものを言います。不倫など、相手の責めに帰すべき事情によって、離婚に至った場合に、離婚慰謝料を請求することができます

離婚慰謝料は、離婚の精神的苦痛です。夫婦の期間が長いほど、離婚することによる精神的苦痛は大きいものがあります。また、献身的に支えてきたにもかかわらず、不倫等によって報いられなかった精神的苦痛は大きなものがあります。

他方、たとえば、結婚後、お互いの性格があわず、形式的に夫婦生活を続けてきたような場合があります。このような場合、相手方が不倫等をしたことが離婚の機会となったからと言っても、離婚による精神的苦痛は大きくはありません。

なお、夫婦の一方が不倫した場合、離婚するか、そのまま夫婦関係を続けるかの二つの方向になると思います。そのまま夫婦関係を続ける場合でも、不倫相手に慰謝料請求ができるのはもちろんです。しかし、その慰謝料請求は、離婚慰謝料ではなく、不貞慰謝料になります。

不倫慰謝料の請求の場合、離婚に伴う精神的苦痛まではありません。したがって、不倫慰謝料の請求だけの場合、離婚慰謝料ほどの高額な賠償請求は認められません。

Q 離婚慰謝料を弁護士に相談すると、どのようなメリットがありますか?

離婚慰謝料のご相談についてはもちろんですが、離婚慰謝料にかかわる事項も包括的にアドバイスいたします。

離婚する場合、離婚慰謝料だけでは紛争は解決しません。子どもの親権、養育費、財産分与、年金分割等がかかわってきます。また、場合により、その他の関連する事項も重要となってくることがあります。

紛争が全面的に解決しないと、いつまでも悩み続ける必要があるなど、精神的な負担が残ります。しかし、弁護士に相談・依頼することで、全面的に紛争を解決することが可能となることが多くあります。

また、離婚慰謝料の事件にかかわらず、紛争事件では事実関係の調査・把握がとても大事です。今後の方針を立てるためには、正確な事実関係が必要だからです。そして、事実関係の調査・把握は、法律的な観点からする必要があり、弁護士の観点が必要となります。

したがって、弁護士に相談・依頼することは、適切な方針を立てるためにとても重要です。今後の方針の良し悪しによって、事件の解決は大きくことなってきます

Q 離婚慰謝料は必ず請求した方がよいですか?

離婚慰謝料は請求した方が良いとは、必ずしも言えません。離婚慰謝料請求が認められる可能性、その金額、回収可能性、請求した場合のデメリット、請求する気持ちの強弱等によります。

確かに、離婚慰謝料請求は権利です。権利を行使するのは当たり前ですので、不必要に離婚慰謝料請求をためらう必要性はありません。

しかし、たとえば、慰謝料等の金銭的な問題よりも、できる限り早く離婚したい場合があります。このような場合、離婚慰謝料の点だけで合意できず、当事者間の交渉で終わらない可能性が高くなります。当事者間の交渉で終わらない場合、調停・裁判となりますが、時間がかかります。裁判となった場合でも、離婚慰謝料の主張・立証で期間が長くなるケースがあります。

また、離婚慰謝料を請求する場合、その理由を主張することになります。相手方としては、離婚慰謝料の請求自体で感情を害します。また、その慰謝料の理由について、相手方の認識は異なることが多いため、さらに感情を害します。その結果、不必要に争いが激化し、また、お互いにしこりが生じます。

上記のような不安な要素は、どのような事件でもあると思います。弁護士に、具体的に相談することで、一番合理的な方針をとることが可能となることが多くあります。

【離婚慰謝料請求をするかどうかの考慮要素】
考慮要素 内容
請求認容の可能性 交渉の場合、相手方が応諾する可能性。裁判の場合、裁判所が請求を認める可能性。可能性が低い場合、労力・時間、弁護士費用がかかるうえ、相手とのしこりが残るというデメリットが大きくなります。
認容される金額 請求が認められた場合、認められる金額。労力・時間、弁護士費用を上回るか等を検討する必要があります。
回収可能性 判決で請求が認められても、相手に財産がなければ回収できません。
デメリット 労力、時間、弁護士費用、相手とのしこりが残ること等があります。
請求する気持ち これが一番重要です。請求するかどうかは、法律上、ご自身が決めるということになっています。弁護士はアドバイスをしますが、最終的に決めるのはご相談者様になります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます