過払い金請求

過払い金請求について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは、過払い金請求について簡単に解説しています。


▼過払い金とは
平成22年以前では、多くの貸金業者が利息を法律で定められ守るべき利率を超えた利率で計算していたので、多くの借り手の方が余分に利息を支払うことになっていました。
その法律で定められ守るべき利率を超えた利息については、過剰に支払った利息であり、それを過払い金と言います。

▼過払い金請求とは
本来法律で定められている利息よりも多く支払わされていた場合には、その超過分を貸金業者に対して返還の請求を行うことができます。
過払い金の請求は、現在も借金について返済中の方でも、また借金を完済した方でも行うことができます。

▼過払い金の判断基準
利息について法律で定められ守るべき利率は、借金が10万以下の場合は20%,10~100万円の場合は18%,100~万円の場合は15%とされています。
そのため、この利率を超えた利率で貸借取引を行っていた方、借金の返済が5年以上かかっている方には過払い金が存在する可能性が非常に高いです。

  平成22年以前の借金 以降の借金
貸金業者が定めた利率 法律を超えた利率が多い およそ法律内で利率を抑えている
過払い金の可能性 可能性が高い 低い
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける