後遺障害とは

弊社では人身事故・交通事故による後遺障害について京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは、後遺障害に関して簡単に解説しています。


▼後遺障害とは?
交通事故による精神的・肉体的な障害のうち、その傷害が将来回復する見込みがないことや労働能力を低下させるものであるといった要件を満たす場合には、その傷害は後遺障害となり、その症状の程度によって賠償金は大きくなります

 

▼後遺症と後遺障害の違い
後遺症と後遺障害に大きな違いはないが、微妙な点での違いはあります。後遺障害という言葉が使われるのは交通事故や労災などに限られているため、後遺症という言葉の中には後遺障害が含まれています。

 

▼どこからが後遺障害なのか?
交通事故の被害を受け、怪我をされてしまった場合、どこからが後遺障害の補償になるのか?その基準ラインは症状固定になります。「症状固定」とは、治療を受けてもこれ以上回復する見込みはなく症状は残ってしまうと判断された時のことを言います。つまり、症状固定までに関してはけがの治療に関する補償を受けられ、症状固定後においては、等級認定に沿った後遺障害の補償を受けることができます。
ただし、場合によっては、その怪我の治療費を負担したくないがために、保険会社から一方的に治療費を断ち切る連絡等を行ってくることがあります。その際には、弁護士に依頼することで、その人身事故の本質に沿った賠償金を享受することができます

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける