交通事故の損害賠償

交通事故による損害賠償について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは、損害賠償について簡単に解説しています。


▼損害賠償とは?
交通事故により自動車や自転車、物などの財産が壊れてしまった場合には「物的損害」と言い、人に対し傷害を与えてしまった場合には「人身傷害」となります。その二つの損害にたいして謝罪と責任をとるためにお金を払うことを損害賠償と言います。

 

▼物的損害について
物的損害には様々な項目があります。自動車や自転車の「修理費用」や、壊れた物の代わりとして使用した「代車使用料」、車が事故車になったことで将来売却する際に生じるであろう「評価損」、また代車使用料とは別に、事故により使えなくなったことで被った損失の「休車損」などがあります。
ただ、物的損害に関して、すべてを加害者が賠償するとは限りませんので、賠償範囲及び金額に納得がいかない場合には、弁護士に依頼することで賠償範囲を広げより多くの賠償金を請求することができる場合があります。

 

▼人身損害について
人身損害にも様々な項目があります。治療費、入院雑費、通院交通費などに含め、被害者が亡くなったことで生じる経済的な損失である「死亡逸失利益」や、事故の被害によって仕事ができなくなった際に生じる「休業損害」もまた人身損害の対象となります。

 

▼損害賠償に対する弁護活動
交通事故の当事者や保険会社との間の話し合いにより、損害賠償の金額が決まった時に納得できない場合には弁護士を通じ、裁判を起こすことができ、主張が認められた場合には金額を変更することができます
また、損害賠償金を支払えってもらえないときにも、回収するために法的拘束力を付けるために弁護士を通じて裁判を起こすことができます。
弁護士に依頼し、当時の事故の状況や怪我や物的損害を厳密に主張することで、損害賠償金をご依頼者様にとって有利となる金額にすることができるケースが多々あります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける