交通事故の示談

弊社では交通事故の示談について京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは、交通事故の示談について簡単に解説しています。


▼示談とは?
裁判等の公的な手続きではなく、話し合いなどによる私的な方法によってトラブルを解決する手段のことを示談と言います。基本的は、事故や物損、怪我の状態に沿ってお金が支払われることが示談となります。
しかし、当事者同士で示談につき合意がなされないと成り立ちませんが、最近では保険会社の担当同士だけで話し合い、そのまま合意とされることがあるため、そのような時に不満を感じる場合は弁護士に依頼することで、示談を再度改めて行うことができ、第三者の立場として交渉をスムーズに行うことができます

 

▼示談書について
成人同士では、口約束によりお金を受け取るだけでも法的には示談が成立してしまいますので、しっかりと合意事項を確認するためにも、示談書を作成することが必要となります。

 

▼弁護士を通し示談をすることで刑事罰が軽くなるケースがあります
人身事故を起こした場合、刑事事件となり、交通事故による犯罪の容疑で逮捕されることが殆どです。そのため、弁護士を通し被害者の方と示談締結することで、後に受けるかもしれない刑事罰を軽くできる可能性が大いに高まります。
示談締結により、逮捕された場合でも謝罪と賠償を尽くして反省と更生の意思を示すことができるため、不起訴処分を獲得できることがあります。不起訴処分んを獲得した場合には前科がつくことはありませんので安心してください。
また、起訴された場合でも示談締結により裁判官の心証を良くすることができるので、懲役刑の減刑や執行猶予付判決の獲得を可能にすることができます。執行猶予付の判決を獲得することで、有罪判決であっても刑務所に入る必要はありません

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける