加害者からの示談

犯罪被害後の加害者からの示談について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは、加害者からの示談について簡単に解説しています。


▼加害者からの示談
何かしらの犯罪に巻き込まれた場合、その加害者側から示談の申し込みを受ける可能性があります。
刑事事件では、加害者と被害者の間で示談が成立することで、反省と謝罪の意思を検察や裁判官が確認することができ、また被害者がある程度ではあるが加害者を許してあげたとみなすことができるため、加害者の刑期が短くなったり不起訴処分になる場合があります。
そのため、加害者が弁護士を立てて示談交渉をすることは多いため、刑事事件においても示談は一般的なものとなっています。

▼加害者からの示談を弁護士に依頼
犯罪被害者の場合は、弁護士に頼まなくとも相手方の弁護士と示談を行うことができますが、連絡先を知らせたくない場合や相場通りの示談金を獲得したい場合には弁護士に依頼することを推奨します。

▼示談のメリット,デメリット
加害者からの示談に応じるメリットとしては、裁判における損害賠償請求額よりも多額の示談金を受け取れる可能性があり,加害者の反省や謝罪の態度を確認することができます。
一方でデメリットとしては、加害者の犯行に対して到底許せない場合には、示談に応じることで加害者の量刑などが軽くなる場合があるので、これがデメリットともいえます。

  示談に応じる 示談に応じない
メリット 多額の示談金を獲得できる場合がある 事件後余計に関わらなくて済む
デメリット 量刑が軽くなる可能性がある 示談金を獲得することができない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける