犯罪被害

犯罪被害について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは犯罪被害について簡単に解説しています。


▼犯罪被害と弁護士
犯罪被害者の方も弁護士に依頼することで、犯罪被害によって発生すると見込まれる面倒事や二次被害についてもサポートすることができます。
主に弁護士がサポートできる事柄としては、告訴状の作成,加害者側との示談交渉の代理,マスコミ対応,損害賠償請求などがあります。

▼告訴,告発サポート
告訴,告発とは自分が被害となっている犯罪の捜査及びそれに対する処罰を求めるために捜査機関に申し込むことを言います。
原則的には、告訴状を受理した場合には犯罪の捜査を開始し、それに応じて起訴するかどうかの判断を行いますが、十分に有罪であると確信できない場合には告訴状は受理されにくのが現状です。
そこで、弁護士に相談し依頼することで、捜査機関が十分に有罪であると確信できるような書面の作成に向けて活動して、告訴状の作成サポートをすることができます。

▼損害賠償請求のサポート
犯罪被害に遭った場合には、その被害に応じて損害賠償を請求をすることができます。
どこまでの損害に対してい賠償請求ができるのか、またその相場がどのくらいなのかわからない場合には、弁護士に相談し依頼することで、適正な額を今までの判例に沿って裁判などで請求することができます。

  犯罪被害を一人で解決する 弁護士に依頼する
メリット 弁護士費用がかからない 告訴状の作成,示談,裁判などをサポート
デメリット 心身ともに多大な疲労を感じる
告訴状が受理されない可能性がある
弁護士費用がかかる

 

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける