インターネット取引被害

インターネット取引被害について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここではインターネット取引外について簡単に解説しています。


▼インターネット取引とは
昨今ではパソコンやスマートフォンの普及により、それらを利用して簡単に商品売買などの取引を行うことができます。
しかし、その利便性につけ込み、勝手に取引契約を結ばれたり,購入されたりするような被害が最近では多くなっています。

▼インターネット取引被害を回避するためには
インターネット取引では契約書などが手元に残ることはあまりないので、取引をする際にはその内容を慎重に判断し、信用できる相手であるかもまた見極めることが必要となります。
また、勝手に売買取引を交わされないためにも、会員登録する際にはIDやパスワードを複雑化することも重要となります。

▼インターネット取引被害に遭った場合
インターネット取引被害にあった場合、時間が経つにつれ裁判などで有効となる証拠を集めることが困難になるため、なるべく早くに弁護士へ相談することが問題を解決するうえで大切なこととなります。

本人のみ 弁護士介入
インターネット取引被害の証拠集め 非常に困難 法的措置により比較的容易に可能
インターネット取引被害の裁判 専門的知識の勉強が必要 弁護士がすべて対応
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける