マタハラ

職場におけるマタハラについて弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここではマタハラについて簡単に解説しています。


▼マタハラとは
妊娠・出産に伴って発生すると見込まれる育児休暇や産後休暇は会社で業務を行えないため、それを嫌う会社の上司や経営者がいます。
そのような経営者又は会社全体から、その女性に対して肉体的や精神的,社会的な嫌がらせを与えることをマタニティーハラスメントと言い、一般的にマタハラと略称されています。

▼マタハラによる被害例
マタハラによる被害例としては、妊娠・出産する旨を会社に報告した際に自主退職を勧められる,産前産後休暇や育児休暇を取ろうとした際に解雇を告げられるなどがあります。
マタハラによって退職させられた場合、就業による収入が失うだけでなく、育児休業給付金を得れないことや保育園への入園要件を喪失する可能性があります。

▼マタハラにおける法制度
女性のマタハラによる被害については、男女雇用機会均等法,労働基準法,育児・介護休業法において守られています。
出産や妊娠,幼児育児のために休業して復帰する際に、休業していた女性社員を当該休業を理由として解雇させたり不当な降格をさせるなどの不利益となる行為を行うことは禁止されています。

本人のみでの解決 弁護士介入
示談 会社側が受け付けない可能性有 法的措置により示談可能
休暇前にも可能
裁判 本人の専門的知識の勉強が必須 弁護士が裁判のすべてを担当
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける