架空請求

架空請求について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは架空請求について簡単に解説しています。


▼架空請求とは
当事者にとって全く身に覚えのないサービスや契約などによってその費用を請求し現金などを騙し取る行為のことを架空請求と言います。
請求手段には電子メールやはがき,封書,電話など様々な手段で架空請求されます。

▼架空請求の被害
昨今では特にスマートフォンやパソコンのアダルトサイトの利用による架空請求が広まっています。
また架空請求の内容の多くには「裁判」や「警察」や、「〇日以内に」や「最終通告」といった脅したり急かす文言が含まれていることが多いです。
そういった請求を受けた場合、直ちに現金を支払うのではなく、一度弁護士に相談することを推奨します。

▼支払ってしまったお金の返還
原則的には架空の請求により支払ったお金は返還してもらうことができますが、架空請求の場合はなるべく個人情報などが特定されないように行っています。
そのため、架空請求に関する返還請求をしようにも相手方の携帯電話が変わっていたり住所がもともと存在しなかったりがあるため、多くは返還してもらうのは難しいといえます。

本人のみ 弁護士介入
請求金の支払 支払ってしまう人もいる 未然に防ぐ
支払額の返還 ほぼ可能性なし 可能性があまりない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける