金融商品取引被害

金融商品取引被害について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは消費者問題に関する金融商品取引被害について簡単に解説しています。


▼金融商品取引
金融商品取引とは先物取引やスワップ取引,FX取引などの通貨や有価証券などを対象とした取引のことを言います。
金融商品取引では、取り扱う商品によっては比較的短い期間で大幅な価値変動が起こるため、高い利益を得られる可能性もありますが巨額な損失を負うことになる場合もあります。

▼金融商品取引被害
金融商品については、ハイリスク・ハイリターンであるため十分な説明や知識がない状態で始めた場合には、思いもよらなかった巨額な損失を負うことになる可能性が高いです。
不当な勧誘や十分な説明を受けなかった場合には、弁護士に相談し依頼することで、損失の一部又は全部を示談や裁判などで補うことができる可能性があります。
しかし、自己の責任の範囲内であると判断される場合には損失を会社に補ってもらうことができないので十分に検討をしたうえで取引の判断を行ってください。

本人のみ 弁護士介入
示談交渉 専門的知識の勉強が必要 迅速に的確
被害補償の獲得 非常に困難 可能性有
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける