葬儀関係費

交通事故による葬儀関係費について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは交通事故による葬儀関係費について簡単に解説しています。


▼葬儀関係費とは
交通事故によって被害者が亡くなってしまい、その葬儀を行うに当たり必要となる葬儀費用,墓石代,墓地使用料,仏壇購入費用,遺体処理費用などを葬儀関係費と言います。

▼葬儀関係費用の請求
原則的には交通事故の被害者遺族は加害者に対して葬儀関係費にかかる金額を請求することができます。
しかし、必ずしも葬儀関係費の全額を請求することができるわけではなく、一般的に認められている請求額は150万円以内とされています。

▼150万円を超える葬儀関係費の請求
交通事故被害者の地位が相当程度であり、その地位に見合った規模の葬儀を行う必要がある場合には、葬儀関係費は150万円を大幅に超えることになるため、加害者に対しての請求額が150万円を超えたとしても認められる可能性があります。
そのためには、被害者の社会的地位で相当程度であることの証拠や葬儀参列者の予測,また葬儀費用を合理的に見積もることが必要となります。

被害者の地位が一般的な場合 被害者の地位が相当程度な場合
葬儀関係費が120万円の場合 120万円までの請求 120万円までの請求
葬儀関係費が200万円の場合 150万円までの請求 200万円までの請求ができる可能性有
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける