投資詐欺商法

投資詐欺商法について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは投資などの詐欺商法について簡単に解説しています。


▼投資詐欺商法
投資詐欺商法には様々な種類があります。その多くが投資会社の従業員と偽って近づいて嘘の投資情報を教えてありもしない投資をさせるように勧誘しお金をだまし取る形になっています。
また、犯人も一人とは限らず、複数の人がそれぞれの会社の社員に偽って近づいてくることもありますので注意してください。

▼未公開株による投資詐欺
未公開株とは、証券取引所などで上場されていない株のことをいいます。それを利用した詐欺が昨今では多くなっています。
具体的には、投資会社の社員から未公開の株を安い値段で買うためにお金を支払って欲しいと要求されます。
その場合、すぐに支払わずに、一度弁護士に相談することを推奨します。

▼社債による投資詐欺
社債とは会社が事業を遂行するのに必要な資金を調達するために発行した債券を言い、社債を買うことは企業にお金を貸すといった性格があるため、社債を持っている間は利息を受け取れることが多いです。
この社債を利用した詐欺も多くあります。
“利息が相場よりも多く受け取れる”や”後々に社債価値が値上がりする”などの消費者にとって利益となるような嘘の情報を教えてお金をだまし取ろうとします。

未公開株による投資詐欺 社債による投資詐欺
嘘の情報 安い値段で上場前の株を買える等 相場よりも高い利息を受け取れる等
支払額の返金 殆どが連絡がとれずに返金されない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける