通信販売

通信販売による消費者被害について弊社では京都の弁護士に無料相談をすることができます。ここでは通信販売による消費者被害について簡単に解説しています。


▼通信販売とは
店舗や支店などで行われる販売員と消費者の直接的な売買取引ではなく、テレビやチラシなどのメディアを通して商品を広告し電話やインターネットで売買取引を交わす販売方法を通信販売と言います。

▼通信販売によるクーリングオフ
クーリングオフは一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度ですが、通信販売においてもクーリングオフが適用されることがあります。
広告内で返品に関する内容が記載されていない場合には商品引き渡しから8日以内であればクーリングオフ制度により無条件で契約を撤回することができます。

返品に関する事項が記載されている通信販売 返品に関して特に記載されていない通信販売
クーリングオフ 適用されない 適用されて引き渡し日から8日以内は契約解除可能
返品費用 記載事項による 原則的に消費者負担
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける