示談したい|刑事事件

「示談したい」という悩みに関するQ&Aを京都の弁護士がまとめました。刑事事件の無料相談についても案内中です。

Q 示談とは何ですか?

示談とは、当事者間の話し合いで事件を解決することをいいます。通常、一方が他方に示談金を支払い、お互いで示談書を作成して、事件が解決したことの証拠にすることが多いです。

Q 示談書の書き方を教えてください。

書面に「示談書」と表題をつけ、事件の内容を特定し、示談金の支払い等示談の条件を設定してください。示談が成立した後はお互いに債権債務関係を有しないことを確認する条項を盛込むのが通常です。

示談の話し合いに納得がいけば、最後に日付を打って、お互い書面にサインをしましょう。示談書は、後日の紛争を予防する観点から、計2通作成して、それぞれが1通ずつ保管することが多いです。

Q 刑事事件の示談にはどのようなメリットがありますか?

加害者側からのメリットとしては、示談が成立すれば、その後の刑事手続で有利になるというメリットがあります。示談が成立したことで、予定よりも早く釈放されたり、処分や刑罰が軽くなることがあります。

また、示談が成立したことで、事件は民事的にも解決したことになるので、紛争解決という観点から一石二鳥の効果を得ることができます。所定の示談金を支払った後は、追加の支払いを拒否することが可能です。

さらに、示談書に守秘義務に関する条項を盛り込むことで、事件が公になるのを予防することができます。インターネット上での書き込みに関しても、守秘義務に関する条項で阻止することができます。

Q 刑事事件の示談金の相場は?

事件によっていろいろです。罪名的には同じ「痴漢」事件でも、10万円で済む場合もあれば、何百万円と示談金を支払うケースもあります。

重要なポイントになってくるのは、相手方の怒りの度合いと、こちら側の紛争を穏便解決したい度合いのバランスです。刑事事件を穏便に解決するために、あえて多めの示談金を提示し、確実に示談を取りに行くケースもあります。

Q 刑事事件における示談の条件にはどのようなものがありますか?

示談の条件は、加害者(通常は代理人である弁護士)と被害者がお互いに話し合って、細かい部分を詰めていくことになります。

刑事事件の示談でよくある条件が、接触禁止に関する条件です。特定の場所や路線、駅等を利用しない旨を誓約することで、多くの被害者が安心と納得を得るので、示談が成立する可能性が高まります。

また、加害者・被害者双方の意向から、守秘義務に関する条件を盛り込むことも多いです。事件の情報や示談の内容に関する情報が外部に流出するのを阻止することができます。

また、示談金の支払いに関して、分割払いの条件を設定することもあります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける